初デートはお酒の力を借りる?1つのメリットがデメリットを凌駕する

モテる実践術

マッチングアプリで仲良くなった女性と食事に行く約束を取り付けました。

基本は居酒屋やフレンチ、イタリアン、カフェなど、お酒が飲めるところをチョイスしますよね。

初めて会う二人にとってお酒はとても心強い味方となります。飲むことによって確実に気分が良くなります。緊張をほぐしてくれるのでお互いも会話がしやすくなります。

そんなアルコールですが、飲み方を間違えれば最悪な結末を迎えることもあります。今回はデートでお酒を飲むメリットとデメリットの解説をしていきます。

デートの流れとは?1回目は無難に2回目で進む道を決める!
マッチングアプリでせっかく仲良くなっても実際に会うことができず悶々している人もいますよね。 いつ誘えばいいのか?デートの段取りがイマイチ分らない。 今日紹介するのはド定番のデート内容ですが、奇をてらわない方が上手に物事が運びやす...

デートの流れについてはこちら。

コミュ力に不安があるなら酒を飲める相手を選びたい

マッチングアプリで仲良くなった相手とデートをする約束をしました。

初めて会うときはどこがいいでしょう?

ドライブ、遊園地、動物園、水族館、映画館デート、スポーツ観戦、カフェ巡り…。基本は相手が喜びそうなところを選べば問題がないです。

ですが…。

初めて会う人としらふで仲良くできる自信がありますか?相手の気持ちが分からず、探り合いのような会話を繰り広げた経験はありませんか?

そんなとき、料理デートが最適です。

雰囲気の良い店で美味しい料理に舌鼓を打ち、食欲を満たしつつ、お酒を飲んで気分もハッピーになってきます。

一緒にいて楽しい時間を過ごすことでで相性が良いと脳が思い始めてきます。

会う場所と時間は女性の立場で考える

デートは会う場所とどの店に行くかで大きく印象が変わります。これがマッチングアプリで初めて会う人なら

デートに誘う時は相手の予定を尊重しましょう。食事に行くとしても前もって好きな食べ物や苦手な食べ物を把握しておきましょう。

お互いが結婚を意識している同士ならしっかりしたレストランを選んだ方がいいかもしれませんが、恋活や友達として会うならハイセンスな店を予約する必要はないです。

カジュアルなレストラン、居酒屋で十分です。

最初のデートで店も決めず行き当たりばったりで会うのは止めましょう。もしどこも店が空いてなかったら無駄に歩くだけの時間が増えてしまいます。

今後の2人の関係に良い影響を与えるためにも相手を思いやった行動が必要です。

ヤリモクと思われないために大事なこと

女性と会ったその日にエッチをしたいと考えている男性もいます。

性欲を出しまくりの姿は女性にすぐ見破られ軽蔑されてしまいます。

例えば男性のみなさんは女性と会う時にこんな条件を提示してませんか?

  • 終電間近に会おうとする
  • タクシーでも帰りにくい遠い場所で会おうとする
  • 個室やアダルトな雰囲気の店を選ぶ

これってほぼ確実にヤリモクと思われてしまいます。女性だったらこのようなチョイスをしてくる男性は要注意!

酒のチカラを借りると相手と一気に仲良くなる

メリットは料理に舌鼓を打ちながら、美味しくお酒を飲むことはお互いが仲良くなるのに最高の環境です。

でも、1つ注意があります。お酒が弱いのに場の空気を読んで無理してはいけません。逆に自分が相手に無理やり飲ませるのもご法度です。

初デートはほろ酔いまでです。

緊張が取れてリラックスできる

マッチングアプリで初デートをしたとき一番避けたいのが沈黙。盛り上げなくてはと焦って余計テンパってしまう悪循環になりがちです。

人見知りや内気も立派な個性ですが、デメリットになりやすいです。

緊張をほぐすのにお酒は重宝します。酒の力を借りることで異性と仲良くできるならこれ以上頼もしい味方はいません。

お酒が入ると肩の力も抜け心に余裕ができ、リラックスできます。警戒心も取れてくるので心も開きやすくなります。

気がつけば親密になっていることは珍しいことではありません。

お酒を飲まない若い世代も増えていいるので一概に使えるノウハウではありませんが、お互いが飲める関係ならぜひ活用をしていきましょう。

どちらにせよ、飲むスピードは相手に合しましょう。

相手の本音を引き出しやすい

お酒は理性という鎧を取るもの。

しらふだと本音を隠して自分も見せない人もいます。そういう人は距離感がなかなか縮まりませんし、向こうが何を考えているか不安になってきます。

「自分のことをどう思っているのか?」、「ただの遊びか?それとも本気で好いてくれてる?」

こんな気持ちを引き出してくれます。リラックス状態になれば本音状態が引き出しやすくなってきます。

また「酒癖が悪い」、「ヤリモク」などこちらがドン引きする相手の本性を見つることもできます。

お酒を飲んでいる状態の人を観察して本当はどんな人物か判断しやすくなり、危険人物かそうじゃないか見極めやすくなります。

飲みすぎて自制心をなくさない

デメリットは飲んで楽しくなるのならいいのですが、悪酔いしてしまったら最悪です。

お酒はすぐ酔っ払うものではなく、何杯と飲むことでアルコールが蓄積してきて酔っていきます。理性が吹っ飛ぶぐらいの深酒は止めましょう。

自分はどれぐらいまで飲んで大丈夫なのか限界値を把握しておくことが大事です。

酔っ払いすぎる弊害はこの3つです。

飲みすぎて潰れる

初の出会いは緊張します。料理店に行って注文してから乾杯します。一口飲んで落ち着かないため飲むペースが速くなります。

いつもより飲むスピードが速くなればあっという間に酔っ払ってしまいます。

他にもひごろはビールや酎ハイを飲んでいるのにかっこうつけてワインや日本酒を飲んだりすることもありますよね。

ワインや日本酒のアルコール度数は15%前後。ビールはだいたい5~6%なので気を付けないと一気に酔っ払ってしまいます。

もし許容範囲を超えてしまったら具合も悪くなりますよね。トークもスムーズに出来なくなります。潰れてしまって潰れてしまってトイレから出てこられなくなったら目も当てられません。

攻撃的など絡み酒になる

酒癖が悪い人は一定数います。

これは実際に飲んでみるまで分かりません。初めて会ったときは物腰柔らかくて印象が良い人で食事も楽しくスタート。

ところが、お酒のお代わりが進むたびに態度が横柄になってくるという人がいます。

言葉使いが乱暴になってきて俺が俺が状態になったり、店員さんに攻撃的になったりとかですね。

ネガティブな感情が解き放たれ「自分はダメなんだ」、「わたしは生きてる価値がない」とマイナスなことしか言わなくなる人もいます。

性欲が高まってエロくなる

男性は酔うとエロくなります。

女性も飲んで酔っ払ってくると解放的になり、多少なりともガードがゆるんできます。

ボディタッチが増えたり、下ネタ系の会話もするようになってくるかもします。色っぽくなる、エロい感じになることがあります。

この隙を男性はスルーしません。

本気で拒絶してない=OKと誤認してしまうことがあります。なんせお酒で理性より性欲の方が強くなっています。

お互いが求めうのならなんも問題がありませんが、どちらか片方が一方的に盛り上がっても相手を困らせるだけです。

とくに女性の方は少しでもそういう雰囲気を醸し出すと男性のスイッチをオンにさせてしまうので気を付けてください。

まとめ

  • 初デートはよほどのことがない限り、食事メインで行くのがおすすめ
  • 会う時間や場所は相手の希望を最大限に取り入れる。
  • 遅い時間など指定した場合はヤリモク判定を喰らうことも。
  • お酒でリラックスをすることで距離は一気に縮まる。
  • 飲みすぎると醜態をさらす危険性があるので自制心を忘れずに!

酒はメリットが大きい反面、デメリットも大きい。

もし酒を飲みすぎてやらかした場合は誠心誠意謝りましょう。人は過ちを犯す生き物。ただし、反省の意を見せなければ女性はあなたともう会ってくれることはないでしょう。

もし許してくれて後日会えることになったら、今度は酒をんでも酒に飲まれないように気を張っていましょう。

お酒を飲まないデートに誘うのも選択肢の一つです。

 

タイトルとURLをコピーしました